FAGA(女性型脱毛症)に対するスピロノラクトンの使い方とは??

女性の薄毛のほとんどは女性型脱毛症(FAGA)です。  その原因の一番大きな要因はホルモンにあると考えられています。  FAGAは女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位に働くことによりヘアサイクルが短くなり薄毛が進行していくと考えられているのです。  つまり男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを増やすことが出来れば治療に繋がります。  スピロノラクトンには男性ホルモンを抑える作用があります。  そのためスピロノラクトンは女性の薄毛の特効薬というべき存在なのです。

女性の薄毛のほとんどは女性型脱毛症(FAGA)です。

その原因の一番大きな要因はホルモンにあると考えられています。

FAGAは女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位に働くことによりヘアサイクルが短くなり薄毛が進行していくと考えられているのです。

つまり男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを増やすことが出来れば治療に繋がります。

スピロノラクトンには男性ホルモンを抑える作用があります。

そのためスピロノラクトンは女性の薄毛の特効薬というべき存在なのです。

今回は女性の薄毛の特効薬『スピロノラクトン』について駅前AGAクリニックの毛髪専門の医師が解説します。

スピロノラクトンとは??

AGAの治療は副作用を出さないことが重要です。  そのため低濃度の薬剤を組み合わせるやり方が基本と思われます。  スピロノラクトンでFAGAの進行を抑制して、駅前AGAクリニックオリジナルサプリメントで同じようにヘアサイクルを正常化して進行を抑制します。  そして、毛母細胞を刺激するためにミノキシジルを合わせます。  このように数種類の薬剤を使用することで安全に治療を行うことが可能になるのです。  ミノキシジルの副作用にむくみがありますが、スピロノラクトンはむくみをとる薬剤でもあります。  それぞれの欠点も組み合わせることで打ち消していくことも出来るのです。  スピロノラクトンの使い方として当院では低用量の使用方法の1日25-50mgを推奨しております。  スピロノラクトンのみで治療を行うなら100mgや200mgという投与量になってしまうかと思います。  このような治療方法は海外で多く行われていますが安全とは言えません。  副作用も多く出現してしまう可能性があります。

スピロノラクトンをご存知な方は多いと思います。

非常に古くからある薬剤で長い歴史がある薬剤です。

みなさんスピロノラクトンは利尿剤と思われているかと思います。

一般的にはカリウム保持性利尿薬として高血圧症や心不全、浮腫の治療薬として使われています。

しかし、実は隠れた効果として副腎でのテストステロン産出抑制、DHTの減少、男性ホルモンレセプター拮抗薬としての作用を持ち合わせています。

この抗男性ホルモン作用が女性の薄毛の治療に非常に重要となってくるのです。

FAGAは男性ホルモンが優位になることによりヘアサイクルが短くなる病気です。

ヘアサイクルが短くなると毛周期の内の成長期が短くなり休止期が目立つようになります。

つまり薄毛になってきます。

また、成長期が短くなることで毛髪の成長する期間が短くなってしまいます。

本来なら太く長く成長できた毛髪が細く猫毛のようになり髪型にボリュームが出なくなってきます。

その状態は毛母細胞の細胞分裂の速度を上げてしまいます。

毛母細胞は無限に細胞分裂できるわけではないので、ある程度のところで寿命を迎えて死んでしまいます。

これによりFAGAは徐々に進行していくのです。

最終的には毛母細胞がいなくなり毛包がなくなり薄毛が目立つようになってきます。

スピロノラクトンの抗男性ホルモン作用はニキビの治療にも使われることもあります。

最近、スピロノラクトンはこのような使われ方をするようになってきているのです。

これは女性の薄毛の特効薬ですが、男性には使えません。

乳房が大きくなるなどの副作用が出てしまうことがあるからです。

スピロノラクトンは副作用が多い薬です。

そのため慎重に扱うべき薬剤でもあります。

駅前AGAクリニックではスピロノラクトンは安心して長く使うことの出来る低用量での使用を推奨しております。

低用量の場合の副作用の多くは発疹や日光過敏、月経不順のような軽いものです。

投与量を増やして行くと高カリウム血症や低ナトリウム血症などの電解質異常、頻尿、便秘など色々な副作用が増えていきます。

FAGA治療におけるスピロノラクトンの使い方とは?

FAGAの治療は副作用を出さないことが重要です。  そのため低濃度の薬剤を組み合わせるやり方が基本と思われます。  スピロノラクトンでFAGAの進行を抑制して、駅前AGAクリニックオリジナルサプリメントで同じようにヘアサイクルを正常化して進行を抑制します。  そして、毛母細胞を刺激するためにミノキシジルを合わせます。  このように数種類の薬剤を使用することで安全に治療を行うことが可能になるのです。  ミノキシジルの副作用にむくみがありますが、スピロノラクトンはむくみをとる薬剤でもあります。  それぞれの欠点も組み合わせることで打ち消していくことも出来るのです。  スピロノラクトンの使い方として当院では低用量の使用方法の1日25-50mgを推奨しております。  スピロノラクトンのみで治療を行うなら100mgや200mgという投与量になってしまうかと思います。  このような治療方法は海外で多く行われていますが安全とは言えません。  副作用も多く出現してしまう可能性があります。

FAGAの治療は副作用を出さないことが重要です。

そのため低濃度の薬剤を組み合わせるやり方が基本と思われます。

スピロノラクトンでFAGAの進行を抑制して、駅前AGAクリニックオリジナルサプリメントで同じようにヘアサイクルを正常化して進行を抑制します。

そして、毛母細胞を刺激するためにミノキシジルを合わせます。

このように数種類の薬剤を使用することで安全に治療を行うことが可能になるのです。

ミノキシジルの副作用にむくみがありますが、スピロノラクトンはむくみをとる薬剤でもあります。

それぞれの欠点も組み合わせることで打ち消していくことも出来るのです。

スピロノラクトンの使い方として当院では低用量の使用方法の1日25-50mgを推奨しております。

スピロノラクトンのみで治療を行うなら100mgや200mgという投与量になってしまうかと思います。

このような治療方法は海外で多く行われていますが安全とは言えません。

副作用も多く出現してしまう可能性があります。

駅前AGAクリニックは安全に長く続けて頂ける治療方法をご提案しております。

治療方法のパターンは非常に多いですが、患者さんにあった無理のない治療方法をオーダーメイドでご提供できるように日々努力しております。

駅前AGAクリニックは全国に4院あります。

東京新宿、大阪梅田、京都烏丸、岡山の駅前にあります。

どこのクリニックでも同じレベルの治療をお受けして頂けるようにクリニックの繋がりを大切にしてカンファレンスなどで知識を共有しております。

駅前AGAクリニックは男性だけでなく女性の薄毛の治療も行っております。

完全予約制なので他の患者様とお顔を合わすこともございませんのでご安心していらして下さい。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F