プロペシアの耐性が原因で効かなくなることがある?プロペシアの限界とは

プロペシア(フィナステリド)は日本ではMSD株式会社が2001年から臨床試験を始め、2003年に承認申請、2005年に製造販売承認を取得しているAGA治療薬です。

現在は、世界60か国以上で販売され多くのAGA患者さんが内服しています。

プロペシアの効果は絶大で、それまで不治の病とされたAGAによる薄毛がプロペシアを使うことによって治療が可能な病であると人々の認識をも変えたのです。

プロペシアの内服を始めて毛髪が増えた時は本当に感動的だったことでしょう。

しかし、それも内服を始めて時間が経つと慣れ、効果の実感が薄くなることがあります。

今回の記事は、プロペシアの服用には本当に耐性があるのか?明らかにしていこうと思います。

— 目次 —

プロペシアの特徴と効果について解説!

プロペシアの特徴について

プロペシアとは、髪の抜け毛を抑制する効果のある「フィナステリド」を主成分とした治療薬です。

2005年に、厚生労働省から製造承認を受けて米国から日本に広まった経緯があります。
あくまでAGAの進行を抑えるAGA阻害薬として使われることが多いです。

プロペシアの効果について

前述の通り、プロペシアの効果は、AGAの進行を抑制することです。

AGAの原因は、テストロンという男性ホルモンが還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化することなのですが、プロペシアはこのDHTの産生を抑制します。

したがって、DHTの抑制により、抜け毛が減り、薄毛になりにくくなるのです。

プロペシアの耐性の正体とは!!

上述の通り、プロペシアに含まれているフィナステリドは5αリダクターゼを阻害することによりDHTの産生を抑制します。

そうすることで、ヘアサイクルを正常化し、AGAの進行を抑えることができます。

また、5αリダクターゼの阻害自体には耐性は起きないと思われるので、一見、プロペシアには耐性がないと判断できると思います。

しかし、プロペシアの効果が弱まったと感じる患者様は一定数いると言われています。

一体なぜ耐性が出来てしまったと感じるのでしょうか。

それは、元々の毛母細胞の数が関係しています。

AGAであろうとAGAでなかろうと毛母細胞は加齢とともに減少していくと言われています。

AGAという病気は、毛母細胞の数の減少を早めてしまうため、通常よりも抜け毛が多く、新しく生えてくる髪の毛も抜けやすくなっているため薄毛になってしまいます。

だからこそ、プロペシアをはじめとするAGA阻害薬は、ヘアサイクルを正常化して毛母細胞を温存して進行を抑制しているのですが、どうしても毛母細胞の劣化を遅らせているに過ぎません。

したがって、毛母細胞は少しずつ減ってしまい、プロペシアの効果を感じにくくなってしまうというのが、プロペシアの耐性の正体なのです。

つまり、プロペシアの耐性がついたのではなく、毛母細胞の寿命が来ているに過ぎません。

毛母細胞にダメージを与える原因があれば同じような原理で薄毛は進行していきます。

例えば、動脈硬化などもフィナステリドが効かなくなる要因となり得るのです。

プロペシアには限界があった!!

AGAの症状が出現してから治療開始までの期間が長い患者さんの毛母細胞はすでにかなりのダメージを受けています。

そのような患者さんではフィナステリドで数年は毛髪が増えたとしても毛母細胞の数はすでに減っています。

数年後に毛量がピークを迎え、その後はじわじわ減って行くことでしょう。

AGAにはハミルトン・ノーウッド分類というものが使われますが、そのステージが低い初期の患者さんは毛母細胞が多く残っているためフィナステリドによる治療によく反応します。

反対にステージの高いAGA末期の患者さんは治療の反応が悪くなってきます。

その後の経過はどうなるのでしょうか。

ステージの低い患者さんは毛量が増え続け10年経過しても大丈夫です。

ステージの高い患者さんはすぐに毛量のピークを迎え、フィナステリドを内服しているにも関わらず症状が進行していくのです。

少しでも早く治療をすることがいかに重要なのかが分かりますね。

では、次に自分がどのステージなのか確認してみてください。

自分のステージを確認してみる!

以下の図は東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男先生が一般社団法人茨城県保険医協会で2015年に『男性型脱毛症の内科的治療』として発表されたものです。

非常に優れたデータなので一緒に見てみましょう。

その前にハミルトン・ノーウッド分類のステージをイメージしましょう。

ステージⅠはAGAの自覚がない程度の本当に初期の患者さんです。

ステージⅡはよく見るとAGAだと分かる程度です。

ステージⅢは他人から見てもはっきりとAGAだと分かる程度です。

ステージⅣはかなり進行してきていて頭部の地肌が見えてきています。

正確ではありませんが、このようなざっくりとしたイメージでいいかと思います。

まずは上の図のステージⅠを追いかけてみましょう。

先ほどお話したようにフィナステリド投与後5年経過しても効果が抜群ですね。

きっと10年経過しても大丈夫です。

同じように追いかけて行くとステージⅠ~Ⅲまでと、びまん性AGA(Diffuse)(※)では5年間の治療効果はかなり高いのが分かります。

※びまん性というのは典型的な局所から進行するAGAではなく頭部全体が薄毛になるタイプです。

ステージⅣだと治療効果が中等度の改善程度まで落ちてきて治療効果は5年後以降にピークを迎えると思われます。

ステージⅤの治療効果は4年後がピークです。

ステージⅥの治療効果は3年後がピークです。

ステージⅦの治療効果は2年後がピークです。

こう見るとAGAの治療に来院されることの多いステージⅡ~Ⅳ程度の患者さんのフィナステリドの治療効果は、噂にあるように10年も経過すれば落ちてくると思われます。

したがって、プロペシアが効きにくくなってしまう前に早めに対策を始めることが大切だとわかっていただけたと思います。

少しでもAGAかなと思った方はお早めに医師に相談しましょう。
医師に相談すれば、治療開始のタイミングについて詳しく教えてくれますし、まだ治療をしなくても大丈夫な場合は、生活習慣の改善だけで、薄毛へのケアができます。

無料カウンセリングはこちら

プロペシアの効果を高める方法!

プロペシアの耐性の正体について見てきましたが、本当にプロペシアが効きにくい場合はどのようにしたらいいのでしょうか?
ここではプロペシアの服用効果を高める方法や、プロペシアの代替薬を見ていきましょう。

プロペシアと併用すると効果が高まるミノキシジル治療

プロペシアの効果を高める方法としては、併用してミノキシジルを服用することです。

ミノキシジルの主な効果としては、発毛を促進する作用があります。
したがって、プロペシアで薄毛の進行を抑制しながら、強く抜けにくい健康な髪を生やすことが可能になります。

多くの方が、プロペシアで抜け毛を予防して、ミノキシジルで発毛を促進する治療を行っているので、併用を考えてみても良いでしょう。

当院で治療する場合、純正のプロペシアとミノキシジルを合わせて1ヶ月12,000円から治療できます。
また、プロペシアのジェネリックと併用する場合、費用を抑えることができるので、下記から確認してみてください。

当院の治療費を見る

プロペシアの代替薬

プロペシアの効果が感じにくくなった方や、早めに切り替えることで効果が出やすくなる治療をご紹介します。

プロペシアよりも効果を期待できるザガーロ

デュタステリドという有効成分が含まれているザガーロという治療薬がプロペシアの代替としておすすめです。

このザガーロは、プロペシアと同じ、AGAの進行を抑制する薬ですが、プロペシアよりも効果が高いと言われています。

まだ若くて先が長いのであればデュタステリドの方が毛母細胞の温存効果が高いので、
20年、30年と治療を続けるつもりならデュタステリドが圧倒的に有利でしょう。

当院の医師は短期的な視点だけでなく、その患者さんが何を望んでいるかをくみ取って長期的な視点も持つように心がけています。

薬価との兼ね合いもあり難しいところですが、長い期間を見通す視点は医師には必須だと思います

【番外編】究極の治療方法、AGAメソセラピー

また、これでも効果が弱まってきた場合や早くから対策を打つのであれば、最新のAGAメソセラピーが効果的だと注目されています。

これは頭皮に直接薬剤を注入する治療方法です。

特に治療初期のヘアサイクルが短い時にメソセラピーを行うと毛母細胞の温存効果が高いと考えられています。

メソセラピーは初期脱毛を早く乗り越えることが出来て、発毛効果が高いだけではありません。

治療初期に行うことによって毛母細胞の温存効果があり長期的にも発毛力が変わってくると考えられるようになってきています。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回の記事はプロペシアの耐性の正体についてみてきました。
AGA治療に効果的と言われるプロペシアですが、人によっては効果が感じにくいこともあります。

AGAの治療方法、対策方法はたくさんあるので、自分の薄毛の進行度やどこまで治療をしたいかによって、治療法を選ぶことが大切です。

当院は、患者さんの希望に合わせてオーダメイドのプランを作成します。

駅前AGAクリニックは全国4院(東京新宿、大阪梅田、京都烏丸、岡山)で男性の薄毛(AGA)や女性の薄毛(FAGA)、円形脱毛症などの毛髪治療の最先端治療からフィナステリドの単剤処方まで幅広く選択肢をご用意しています。

長く毛髪治療を任せて頂けるクリニックになれるようスタッフ一同頑張って行きたいと考えておりますので、まずは一度ご相談ください。

無料カウンセリングはこちら


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)