新宿/大阪/京都/岡山でプロペシア治療をするなら駅前AGAクリニック

AGA治療薬の基本、プロペシア(フィナステリド)について

今回のテーマはAGA治療薬で一番有名な薬、プロペシアです。

駅前AGAクリニックの医師がプロペシアの誕生の歴史をおもしろいエピソードも交えてお話ししたいと思います。

— 目次 —

プロペシアの誕生秘話

プロペシアの誕生秘話

プロペシアはもともとAGAの治療を目的として作られたわけではないことをご存じでしたか?
プロペシアは1992年に、前立腺肥大症の治療薬としてアメリカ食品薬品局(FDA)の認可を受けました。
前立腺とは膀胱の近くにある臓器で、精液の一部である前立腺液を作成したり、射精の際に筋肉の動きを制御したりしています。
また尿道を取り囲むように存在しており、排尿にも関与していると言われています。

前立腺肥大になると尿の切れが悪くなるといった症状を起こし、その治療薬としてプロペシアが生まれました。

前立腺肥大にはアンドロゲン(男性ホルモン)が大きく関与しており、プロペシアはこの男性ホルモンを抑制することで、前立腺肥大を改善させます。

前立腺肥大の治療薬として誕生したプロペシアですが、意外な副作用が見つかりました。

プロペシア内服中で薄毛の患者さんから、なぜか毛が生えてきた、との報告が相次ぎました。

現在ではAGAに男性ホルモンが関与していることは周知の事実であり、男性ホルモンを抑制するプロペシアが薄毛に効果があることは考えれば分かることですが、当時はそのようなことが知られていなかったため、この副作用はAGAにとってセンセーショナルな発見だったわけです。

その後本格的にAGAを対象とした治験が行われ、1997年にFDAからAGA治療薬として正式な認可が下り現在に至ります。

現在ではむしろ前立腺肥大に使用されることはあまりなく、(その理由としては前立腺肥大への効果はかなりマイルドで、即効性にかけるため、他の即効性の高い薬を選択するからです。
)AGAの第一選択薬として薄毛業界に君臨しています。

こういった予想外の副作用が医療の発展につながることは珍しいことではありません。

有名な例では、ED勃起薬のバイアグラも、当初は高血圧の治療薬として開発されました。

当然、高血圧の治療薬として治験を行うわけですが、なぜか治験の期間が終わっても、余ったお薬を一向に返してくれない患者さんや、むしろもっと薬を欲しがる、といった患者さんがたくさん出現しました。

バイアグラにより勃起の促進を認めたため、世の中の男性の自信回復に一役買ったわけです。

プロペシアの歴史

プロペシアは日本で2005年にAGAの治療薬として厚生労働省の認可を受けました。
2005年12月に当時の万有製薬(現MSD株式会社)が商品名「プロペシア」として販売を開始しています。

その後、ファイザー株式会社が2015年4月6日に後発薬の「フィナステリド錠1mg・ファイザー」を発売しました。

さらに2015年9月には強力な新成分「デュダステリド」の認可が下り、2016年6月よりAGA、薄毛治療薬「ザガーロカプセル」がグラクソ・スミスクライン(GSK)社から発売開始されています。

ザガーロカプセルは、既に前立腺肥大症治療薬として2009年に厚労省から認可を得ている「アボルブカプセル」と中身は全く同じです。

当院では、「アボルブカプセル」や海外のジェネリック医薬品を用いて、ザガーロ発売前から対応しておりましたので、大きな変化はないのですが、治療の選択肢が増えることは患者様にとっても大きいメリットかと思います。

プロペシアジェネリックについて

ジェネリック医薬品とは何かご存知ですか?
ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後、厚生労働省の承認を得て販売される医薬品です。

ジェネリック医薬品は、新薬と成分が同じであり、料金が安いというメリットがあります。

プロペシアジェネリックは、フィナステリド錠とも呼ばれ、プロペシアのジェネリック医薬品です。

こちらはジェネリック医薬品であるので、プロペシアと同成分であり、価格も安いです。

当院の料金を例に説明すると、プロペシアが1ヶ月7,000円であるのに対し、フィナステリド錠は1ヶ月4,200となっています。

また、初月は1,800円となっており、非常にリーズナブルです。

治療を検討中の方は、ご相談ください。

無料カウンセリングはこちら

他にもこんな治療ができます!

駅前AGAクリニックでは、プロペシアやフィナステリド錠の処方以外にも、様々な治療を行なっておりますので、代表的なものを紹介します。

ミノキシジル

当院では、ミノキシジルの処方を行なっております。

プロペシアが抜け毛を防ぐ効果がありますが、ミノキシジルには発毛を促す効果があります。

ミノキシジルには内服薬である、「ミノキシジルタブレット」と、外用薬である「外用ミノキシジル」があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

ミノキシジルタブレットについて
外用ミノキシジルについて

ザガーロ

当院では、ザガーロの処方を行なっています。

ザガーロとは、有効成分デュタステリドを含んだAGA内服薬です。

ザガーロは、プロペシアと同じく、5αリダクターゼ阻害薬であり、抜け毛を防ぐ働きがあります。

プロペシアとの違いとしては、ザガーロの方が効果が高いという点です。

詳しくはこちらをご覧ください。

プロペシアとザガーロの違いについて

メソセラピー

メソセラピーとは、AGA改善に有効な成分を、頭皮に直接注入する注入治療です。

頭皮に直接注入するため、効果が出やすく、効果が出るまでの期間が短いという特徴があります。

また、副作用が投薬治療に比べて少ないというメリットもあります。

当院では、患者様の症状に合わせた「オーダーメイド複合治療というものを実施しております。

治療を検討中の方は、お気軽に当院までご相談ください。

無料カウンセリングはこちら

まとめ

駅前AGAクリニックでは患者様に合わせた薬の選定を行っています。
いかがでしたか?
新宿でプロペシアを購入したい方はお気軽に当院にご相談ください。

新宿以外にも、大阪、京都、岡山にクリニックがございます。

当院では、東京新宿、大阪、京都、岡山のすべてのクリニックにおいて「プロペシア錠」「フィナステリド錠・ファイザー」「アボルブカプセル」だけではなく、海外の薄毛治療薬も信頼できる業者から仕入れています。

もちろん最新のAGA治療薬「ザガーロカプセル」も入荷しています。

今後も患者様に適切な医療知見に基づいたよりよい治療をお届けできるよう薬にもこだわりサービスを提供していきたいと思います。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)