筋トレとAGAによるハゲの関係とは?筋トレと薄毛の関係を徹底解説!

最近は身体を大きくする目的だけでなく、シェイプアップ目的で筋トレをする方も増えています。

ただ、筋トレをするとハゲるという噂を聞いたことはありませんでしょうか。

筋トレによって男性ホルモンのバランスに変化が表れることが原因とされますが、本当に筋トレをすることで薄毛や抜け毛のリスクは増すのでしょうか。

— 目次 —

筋トレをするとAGAが進行するの?

それでは早速ですが、筋トレをすることでAGAが進行してしまうのか、詳しくみていきたいと思います。

AGAでハゲる仕組み

筋トレをすることでAGAが進行するのかどうかを理解するためには、そもそもなぜAGAを発症するとハゲてしまうのか知っておくことが重要です。

AGAとは

AGAは男性に多くみられる脱毛症で、英語の「Androgenetic(男性ホルモンに起因する)Alopecia(脱毛症)」の頭文字を取ったものです。日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAは思春期以降の男性に見られ、徐々に進行することを特徴としています。

AGAによる薄毛は前頭部や頭頂部にみられることが一般的です。

AGAの発症メカニズム

AGAには、男性ホルモンが深く関与しています。

中でも、ステロイドホルモンとして働くDHT(ジヒドロテストステロン)の増加によって、AGAの発症リスクを高めることが分かっています。

DHTが大量に産生されると、抜け毛のリスクを高めるトランスフォーム増殖因子の発生につながり、その結果として、髪の毛を抜け落ちやすくさせてしまうのです 。

筋トレでAGAが進行することはない

結論から言うと、一般的な筋トレによってAGAが進行する医学的な根拠は今のところありません。

確かに筋トレをおこなうと、テストステロンの分泌量は増大します。

ただ、薄毛の原因となる有害なサイトカインを産生するのは、テストステロンではなくジヒドロテストステロンです。

では、どのようなときにテストステロンがジヒドロテストステロンに変化しやすいのかというと、それは、体内のテストステロンの量が減少したときです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容体と活発に結合しようとするため、テストステロンを補おうとして、積極的に産生されることとなるのです。

ということは、筋トレによってテストステロンの分泌量が増加すれば、むしろジヒドロテストステロンが産生されるリスクは減少するわけです。

そのため、原則としては筋トレでAGAが進行することはない可能性が高いと思われます。

POINT
  • AGAはジヒドロテストステロンの産生量が増えることで起こる
  • ジヒドロテストステロンはテストステロンの量が減少すると逆に増える
  • 原則として筋トレでAGAが進行することはない

過度の筋トレによる栄養不足でハゲる可能性はある

先述したように、原則として筋トレをおこなったからといって、AGAが進行するようなことはありません。

ただ、原則があれば例外もあるものです。

その例外とは、過度に筋トレをおこなってしまうことです。

髪の毛はたんぱく質の一種であるケラチンから作られていますが、筋肉も同様にたんぱく質から作られています。

過度の筋トレによって筋線維が広範囲にわたって傷つくと、それを修復するために大量のタンパク質が用いられることとなります。

その結果、髪の毛を作るべきタンパク質の量が減少し、髪の毛や頭皮が栄養不足に陥る可能性はあります。

POINT
  • 髪の毛はたんぱく質から作られている
  • 筋トレによって損傷した筋肉はたんぱく質によって修復される
  • 過度の筋トレがハゲのリスクを増す可能性はある

ハゲる原因は筋トレ以外にある

過度の筋トレがハゲのリスクを増す可能性がなくはありませんが、基本的に筋トレがAGAを進行させるようなことはないと思って間違いないでしょう。

では、ハゲる原因は一体何なのでしょう。

AGAは遺伝的要因が大きい

AGAの発症には、遺伝が深くかかわっているとされます。

AGAのリスクを高める遺伝的形質としては、5α-リダクターゼの活発度合いと、男性ホルモン受容器の感受性があげられます。

5α-リダクターゼの活発度合い

AGAのリスクは、テストステロンが変化したジヒドロテストステロンによって増すということでしたが、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際、触媒として働くのが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種です。

遺伝的に5α-リダクターゼが活発に働く人の場合、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化しやすくなるため、AGAの発症および進行のリスクが増します。

男性ホルモン受容器の感受性

抜け毛を促す有害なサイトカインは、ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容器と結びつくことで生まれます。

逆に言うと、ジヒドロテストステロンが産生されても、男性ホルモン受容器と結びつかなければ、抜け毛のリスクが高くなることもないわけです。

そのリスクを左右するのが、男性ホルモン受容器の感受性です。

遺伝的に男性ホルモン受容器の感受性が高い場合、ジヒドロテストステロンと結合しやすくなるため、AGAの発症および進行のリスクが増すのです。

生活習慣にも気をつかおう

AGA進行のリスクは、筋トレよりも生活習慣に依拠するところが大きいといえます。

例えば栄養バランスに欠ける食習慣を続けていると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、AGAのリスクを増すと考えられます。

食事だけでは必要な栄養素を賄いきれないという場合、サプリメントを利用するのもよいでしょう。

また、疲労やストレス、睡眠不足といった状態が続くと、身体の回復力が低下し、やはり髪の毛の成長に充てるためのエネルギーが不足してしまいます。

その他、運動不足や筋力の低下による血行不良の結果、髪の毛に送られる栄養が不足し、抜け毛や薄毛のリスクを増す可能性もあります。

これらのことから分かるように、AGAを予防したり、薄毛を改善したりするためには、日ごろの生活習慣を見直すことが重要だといえます。

POINT
  • AGAの多くは遺伝的要因に左右される
  • AGAを予防するには生活習慣の見直しも重要
  • 血行不良もAGA発症のリスクを増す

男性ホルモン補充を行い筋トレを行うとAGAは進行する

例外として、ボディービルダーの方に中にはおられるようですが、筋トレの成果を上げるために男性ホルモンを補充しながら筋トレを行うと、AGAは進行します。テストステロンには筋肉増強作用があります。筋トレの効果を飛躍的に上げてくれます。もともとジヒドロテストステロン感受性の高い毛根をお持ちの方は、男性ホルモンの補充により一気にAGAは進行します。

男性ホルモン補充を行いながら筋肉増強する場合はジヒドロテストステロンの産生を抑えるフィナステリドもしくはデュタステリドの内服は必ず行っておいたほうがよいでしょう。

AGAが心配なら駅前AGAクリニックへ相談

薄毛にはいろいろな要因が複雑に絡み合っているため、なぜ髪の毛が抜けてしまうのか、分からないという方もいらっしゃることと思います。

そんな時には、薄毛治療を専門としている駅前AGAクリニックにご相談頂ければと思います。

駅前AGAクリニックでは豊富な臨床例で、1人1人の薄毛の原因を探っていきます。

また、600パターン以上におよぶ治療法の組み合わせで、その方に最適の薄毛の改善法を提案しています。

無料カウンセリングもおこなっているので、ぜひお気軽にご相談ください。

POINT
  • AGAはいろいろな要因が複雑に絡み合って起こるもの
  • 駅前AGAクリニックには600パターン以上の治療法がある
  • 無料カウンセリングでなんでも相談することが可能

まとめ

男性にみられる薄毛であるAGAは思春期以降に発症するのですが、ある日突然ごそっと髪の毛が抜けるようなことはなく、気が付いたら抜け毛の量が増えていたという特徴があります。

筋トレをしている方の中には、筋トレのせいで抜け毛がひどくなっているのではないかと心配になる方もいらっしゃることでしょう。

ただ、原則として筋トレが原因となって薄毛が起こったり、AGAが進行したりすることはありません。

そのため、AGAの本当の原因を知ることが重要です。

駅前AGAクリニックでは血液検査やホルモン検査、遺伝子検査などを駆使して、なぜAGAを発症しているのかその原因をはっきりさせていきます。

また、無理なく治療を続けていただけるよう、1人1人に合った治療法を提案しています。

治療に関して疑問な点がありましたら、なんでも無料カウンセリングでお問い合わせください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)