フィンペシアの副作用とは?知っておくべき禁忌や注意点を解説!


フィンペシアは、男性にみられる代表的な薄毛であるAGAの治療薬として知られています。

海外製のジェネリックで安価に購入することができるのですが、服用する際にはいくつかの注意点があります。

こちらのページでは、フィンペシアの副作用や自己判断で服用する危険性、AGAを治療するなら専門のクリニックで、医師の診察を受けることがおすすめである理由について解説しています。

— 目次 —

フィンペシアには副作用がある?

それでは早速ですが、フィンペシアとはどのような医薬品なのか、また、副作用のリスクはあるのかについてみていきたいと思います。

フィンペシアとは?

フィンペシアは、インドにあるシプラ社という、ジェネリック(後発医薬品)最大手のメーカーが製造した、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

日本ではAGAの治療薬として長らくプロペシアが用いられてきましたが、フィンペシアにはプロペシアの主成分であるフィナステリドが配合されており、プロペシアと同様の効果が期待されています。

AGAの原因の1つとして、5α還元酵素があげられています。

5α還元酵素は体内における酵素の一種で、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際、触媒として重要な役割を果たします。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容器と結合し、抜け毛の原因となる有害なサイトカインを産生します。

フィナステリドには5α還元酵素の働きを邪魔する作用があるため、抜け毛を引き起こす有害なサイトカインの産生を抑止することが可能となるのです。

フィンペシアには副作用がある

結論から申し上げますと、フィンペシアには副作用のリスクがあります

これはなにもフィンペシアに限ったことではなく、化学的に製造された医薬品にはすべて副作用の可能性があるものです。フィンペシアの副作用については、次項で詳しく紹介します。

POINT
  • フィンペシアはインドのジェネリック製薬会社が製造したAGA治療薬の一種
  • フィンペシアには主成分としてフィナステリドが含まれている
  • フィンペシアには副作用のリスクがある

フィンペシアの副作用の種類と禁忌について

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンに働きかける作用があるため、服用することで次のような副作用が現れる可能性があります。

性欲減衰

フィンペシアの副作用としてよく知られているものに、性欲の減衰があります。

これは、フィンペシアの主成分であるフィナステリドによるものです。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックの一種なのですが、国内のプロペシア製造元であるMSD株式会社の調査によると、プロペシアを服用した方の1%から5%未満に、性欲の減衰がみられたということです。

また、プロペシアの服用を中止しても、性欲の減衰が続く可能性もあるということです。

フィンペシアの主成分もプロペシアと同じであるため、同様の副作用が考えられます。

性欲が減衰してしまうと、子作りに支障を来す可能性があるため注意が必要です。

勃起不全

フィナステリド錠(プロペシアや、そのジェネリックであるフィンペシアなど)を服用した場合、勃起機能不全が起こる可能性もあります。ただ、確率としては1%未満とされています。

精液の減少

フィナステリド錠を服用した場合、精液量が減少する可能性も報告されています。

ただ、勃起機能不全同様、その確率は1%未満とされています。

フィンペシアの禁忌とは?

禁忌の本来の意味はある事物を忌(い)み嫌(きら)うことですが、医薬品の場合、ある医薬品を摂取したときに、やってはいけないことを意味します。

例えば、フィンペシアを服用しているときに、食べない方が良い食品や、服用しない方が良い医薬品などが、フィンペシアにとっての禁忌にあたります。

具体的に何が禁忌にあたるのかについては、次項で詳しく紹介します。

POINT
  • フィンペシアの主な副作用としては性欲の減衰があげられている
  • 確率は1%未満であるものの、勃起機能不全や精液量の減少がみられることもある
  • フィンペシアには禁忌があることを知っておく必要がある

フィンペシアの服用時に知っておくべきこと

医薬品には効果というメリットと、副作用というデメリットがあるものです。

また、医薬品には禁忌を持つものもあります。そこで、フィンペシアを服用する際に知っておきたいことをご紹介します。

フィンペシアと一緒に取り入れてはいけないもの

フィナステリド錠にはいわゆる飲み合わせがないのですが、一緒に取り入れてはいけないものとして、次のようなものが挙げられています。

グレープフルーツ

グレープフルーツには、フラボノイドといわれるポリフェノールの一種が含まれています。

フラボノイドには抗酸化作用といったメリットがあるのですが、医薬品の成分を代謝する酵素の働きに影響を与える可能性があります。

それによって、フィナステリドの効果が薄くなったり、反対に強くなりすぎたりする可能性があります。

フィナステリド錠であるプロペシアの添付文書にそのような記載はありませんが、念のために避けたほうがよいでしょう。

アルコール

フィンペシアと一緒に取り入れてはいけないものとして、アルコールもあげられています。

なぜなら、医薬品の有効成分を代謝することも、アルコールを分解することも肝臓の役割だからです。

フィンペシアに限らず、医薬品というものはすべて肝臓に負担をかけるものです。

そのため、医薬品を服用する際には、アルコールを摂取しないように心がけましょう。

プロペシアとの併用はできる?

プロペシアとフィンペシアの主成分は同じであるため、併用することに意味はありません。

それだけでなく、副作用のリスクを高めることにもつながりかねません。

ミノキシジルとの併用はできる?

ミノキシジルは、フィナステリド、デュタステリドと同様、厚生労働省によって発毛効果が認められている数少ない成分の1つです。

デュタステリドはフィナステリドと同様の作用機序を持ちますが、ミノキシジルには血管を拡張し、血液の循環を促す作用があります。

そのため、フィンペシアとミノキシジルを併用することで、より効果的に頭皮へと有効成分を送り届けることが可能となります。

フィンペシアの服用を中止したらどうなる?

AGAの特徴として、思春期以降に発症し、徐々に進行するという特徴があります。

フィンペシアを服用することで、AGAの進行を遅らせることが可能ですが、服用を中止すれば、AGAの進行が早まることとなります。

POINT
  • フィンペシアを服用中はグレープフルーツやアルコールの摂取を避けるべき
  • フィンペシアとミノキシジルを併用することで、発毛効果を高めることが期待できる
  • フィンペシアの服用を中止すればAGAの進行が早まることとなる

フィンペシアの個人購入には注意しよう

フィンペシアは通販で購入したり、個人輸入代理店から購入したりすることが可能です。

ただ、個人購入にはリスクもともなうことを知っておきましょう。

フィンペシアを個人で購入するのはリスクが高い

フィンペシアは海外製の医薬品ですが、海外とやり取りをする場合、日本のような商取引慣習が通用しないことを知っておきましょう。

場合によっては、入金したのに商品が届かないというケースもありますし、偽物や粗悪品が届くこともあります。

また、そもそも偽物や粗悪品であることを見極めることも困難です。

フィンペシアを服用するならクリニックがおすすめ

フィンペシアを利用したいのであれば、AGA治療専門のクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

なぜなら、医薬品には必ず副作用があるからです。そのため、服用に耐えられる状態であるか医師に判断してもらうことが重要です。

仮に自己判断で海外からフィンペシアを取り寄せて服用した場合、国による救済措置を受けることができません

フィンペシアを利用したいのであればやはり、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

POINT
  • フィンペシアを海外から取り寄せた場合、偽物や粗悪品をつかまされる可能性がある
  • 自己判断でフィンペシアを服用した場合、国による救済措置が受けられない
  • フィンペシアを服用したいのであれば、AGA治療専門のクリニックがおすすめ

薄毛・AGA治療は駅前AGAクリニックへ相談

駅前AGAクリニックではAGAをはじめ、女性の薄毛や円形脱毛症など、すべての薄毛のお悩みにお応えしており、それだけの治療実績があります。

特にAGAは進行型の脱毛症であるため、できるだけ早めに治療を開始し、進行を遅らせることが重要となります。

ただ、AGAの治療にかかる費用や、治療法について不安がある方もいらっしゃると思います。

そこで、駅前AGAクリニックでは無料カウンセリングをおこない、皆様が安心して治療に取り組めるようサポートしています。

分からないことがありましたら、なんでもカウンセラーにご相談ください。

POINT
  • 駅前AGAクリニックではすべての薄毛のお悩みに応えている
  • AGAは進行型であるため、早期に治療を開始することが重要
  • 駅前AGAクリニックでは無料カウンセリングもおこなっている

まとめ

フィンペシアには、薄毛治療薬のパイオニア的存在であるプロペシアと同様、抜け毛を予防し、発毛を促進する成分であるフィナステリドが配合されています。

そのため、フィンペシアを服用することで、AGAの進行を遅らせることが可能です。

ただ、医薬品には副作用のリスクがあるため、必ず医師の診察を受けてから服用しなければなりません。

仮に個人輸入などでフィンペシアを購入し、自己判断で服用した場合、副作用が起こったとしても国による救済措置が受けられないことを知っておきましょう。

駅前AGAクリニックでは無料カウンセリングをおこなっているため、治療に関する疑問や不安を払拭してから、治療に専念することが可能です。

安心と安全のためにも、薄毛の治療は専門のクリニックでおこなうことが重要です。

監修者
田坂 洋介
2005年3月 昭和大学医学部卒業
2005年4月 昭和大学医学部付属初期臨床研修センタにて初期臨床研修開始
2007年4月 川崎市立川崎病院 麻酔科後期研修開始
2009年4月 麻酔科標榜医取得
2015年4月 大手毛髪専門クリニックで多数の症例を経験
2017年12月 駅前AGAクリニック大阪梅田院院長
資格:医師免許、麻酔科標榜医、麻酔科学会専門医、麻酔科学会指導医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)