初期脱毛がヤバい!?AGA治療の初期脱毛を克服する方法とは

薄毛の治療を行うと逆に毛髪が抜けてしまうことがあります。

当然薬の効き方には個人差があることでしょう。

薄毛の治療薬で毛髪が生えてくる人もいれば生えてこない人もいるでしょう。

そのような状況でどんどん毛髪が抜けていくと不安になってしまいます。

シャワーでもドライヤーでもブラッシングでも、その度にどんどん抜けていくことがあります。

そういえば副作用として脱毛があると聞いたことがあると不安になるかもしれません。

これは薬剤の副作用なのでしょうか。

薬の内服を止めた方がいいのでしょうか。

他の治療方法はないのでしょうか。

ネットで調べてみると治療を止めて育毛剤にすれば初期脱毛はなくなると書いてあったりもします。

しかし、その記事を書いている人は誰なのでしょうか。

ひょっとして育毛剤を買わせたいだけなのかもしれません。

今回は初期脱毛についていつものように駅前AGAクリニックの医師が詳しく解説します。

これを読んで不安を取り除いてください。
— 目次 —

  • 薄毛治療の初期脱毛ってどんなこと?男性でも女性でも起きる現象なのです
  • フィナステリドやデュタステリドは悪くない
  • ミノキシジルも悪くない
  • スピロノラクトンも悪くない
  • 悪いのは患者さん自身だった!!初期脱毛の原因は患者さん自身!
  • ヘアサイクルってなんだ?初期脱毛の正体とは
  • いつまでどこまで続く初期脱毛。これは副作用ではないので大丈夫!
  • 初期脱毛に対して出来ることは?信じることが大切

薄毛治療の初期脱毛ってどんなこと?男性でも女性でも起きる現象なのです


クリニックで薄毛の治療を行うと初期脱毛の説明を受けると思います。

そして、治療開始と共に初期脱毛が始まります。

初期脱毛とは人によっては気づかない程度のものだったり、恐怖で治療を止めたくなる程度のものだったり個人差が大きい抜け毛のことなのです。

これは頭皮で何が起きているのでしょうか。

本当に薬剤の副作用なのでしょうか。

これだけ抜けるのであれば体に悪いことをしているのではないかと思われる患者さんもいます。

その誤解を解いて行きたいと思います。

まずは薬剤の作用機序を復習しましょう。

脱毛を引き起こす理由は何なのでしょうか。

これは薬剤の副作用ではないのです。

自信を持って治療を継続すべきものなのです。

初期脱毛を一緒に乗り越えて行きましょう。

フィナステリドやデュタステリドは悪くない


AGAの特効薬ともいわれるこの薬剤達。

5αリダクターゼ阻害薬という難しい名前がついています。

これは5αリダクターゼを邪魔することによりAGAの根本原因の男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を減らす薬剤です。

DHTはヘアサイクルを短くする原因です。

DHTをやっつけることによりヘアサイクルが正常になりAGAが治って、その結果発毛してくるのです。

このようにヘアサイクルが短いことがAGAの原因なのです。

この薬剤は正確には発毛させる薬ではなくAGAを治す薬なのです。

実はこの違いがかなり重要なのです。

直接的に毛髪を生やすのではなくAGAの進行を抑制する作用があることが特効薬といわれる理由なのです。

その結果じわじわと髪が増えてきますし、将来的にもAGAの進行が抑制されてゆっくりになるのです。

この作用機序で初期脱毛が起きる理由は何なのでしょうか。

薬自体は全く悪くないのです。

ミノキシジルも悪くない


ミノキシジルで初期脱毛が起きるのは有名です。

それでもミノキシジルは悪くありません。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

外用薬は内服薬より効果がマイルドですがそれでもどちらにも初期脱毛はあります。

ミノキシジルは毛包の根元にいる毛乳頭の血流を増やし毛乳頭細胞から成長因子の分泌を促します。

それにより毛母細胞が活性化して細胞分裂を起こし、毛髪となります。

これは唯一の存在の優れた発毛薬です。

毛髪を生やすお薬で本当に毛髪が生えてきます。

これでなぜ逆に毛髪が抜けてしまうのでしょうか。

不思議ですね。

人によって働き方が異なるのでしょうか。

スピロノラクトンも悪くない

スピロノラクトンではどうでしょうか。

スピロノラクトンで初期脱毛が起きるという情報はあまりないかもしれません。

初期脱毛はやはりミノキシジルが有名で次にフィナステリドやデュタステリドでしょう。

それはスピロノラクトンのみ内服している患者さんが少ないこととスピロノラクトンに興味を持っている医師も少ないので情報が少ないのだと思います。

この図は女性の薄毛の患者さんのホルモンバランスを示しています。

男性ホルモンが多くて相対的に女性ホルモンより優位になっています。

スピロノラクトンの作用機序は男性ホルモンの作用を減らして女性ホルモンを相対的に優位に戻すことにあります。

これにより短くなっているヘアサイクルを元に戻そうとするのです。

この作用機序はフィナステリドやデュタステリドに似ていると思いませんか。

これは女性の薄毛の特効薬ともなりえる存在なのです。

これも逆に脱毛が起きるとは思えませんよね。

悪いのは患者さん自身だった!!初期脱毛の原因は患者さん自身!


薬剤の働きを解説しましたが、脱毛を引き起こす理由はありましたか。

初期脱毛はなぞなぞのようなお話なのです。

これを理解するにはヘアサイクル(毛周期)を理解しなければなりません。

毛髪が生えてきてから抜けていくまでの周期のことをヘアサイクルと呼びます。

人体にある毛包は一つ一つにそれぞれのサイクルを持っています。

頭皮にある毛髪も体にある体毛も一つ一つにサイクルがあります。

クリニックを受診された患者さんに私達がマイクロスコープを使って解説することもありますが、頭皮でも部位により色々なサイクルが混在しています。

生え際の毛髪が細いのはヘアサイクルが短いからです。

後頭部の毛髪が太いのはヘアサイクルが長いからです。

このようにヘアサイクルは部位によっても違いますし、人によっても違います。

初期脱毛の原因はここにあったのです。

薬剤ではなく患者さんのヘアサイクルの異常が初期脱毛の原因なのです。

ヘアサイクルってなんだ?初期脱毛の正体とは


毛髪には大きく成長期、退行期、休止期と三つの時期があります。

成長期に皮膚の中の毛包で毛髪が誕生します。

そして、皮膚の外に顔を出して育ち続けていきます。

この状態で長い時間が経過します。

成長期が長いとしっかり太い毛髪に育ちます。

毛髪全体の8割程度が成長期毛といわれています。

寿命が近くなると2週間ほどの退行期に移り毛髪の根元が萎縮します。

その後、3カ月ほどの休止期に入り活動が停止します。

休止期は毛髪全体の1割程度だといわれています。

一つのサイクルが2年から6年程度です。

AGAや女性の薄毛(女性型脱毛症)ではこのサイクルが短くなっているのです。

これが正常化するとどうなるのでしょう。

ヘアサイクルが正常に戻ると休止期の状態の毛髪が急に成長期に移ることがあります。

こうなると毛包にまだ残っていて根元が萎縮している毛髪が下から生えてくる成長期の毛髪に押し出されてくるのです。

この下にある成長期毛が上にある古い毛髪を押し出すのが初期脱毛の正体なのです。

つまりこれは副作用とは全く関係ないことなのです。

単に毛髪が生えてきたという単純なお話なのです。

正体が分かれば全く恐くないですよね。

毛髪には休止期という活動を停止している期間があって、その時点で毛髪が頭皮に残っていることが多いということなのです。

初期脱毛は薬剤が効いて発毛してきている証拠で本来抜けるべき毛髪が抜けているに過ぎないのです。

治療開始前のヘアサイクルが短ければ短いほど初期脱毛が強く起きると考えられます。

また、毛母細胞に力が残っていれば残っているほど初期脱毛は強くなるはずです。

いつまでどこまで続く初期脱毛。これは副作用ではないので大丈夫!


初期脱毛は薬剤が効いてから直ぐに始まってきます。

ヘアサイクルがどの程度狂っていたか、毛包にどのくらい元気が残っているか、どの位の治療の強さなのかで症状は変わります。

治療開始から一週間程度で初期脱毛初期が起きていると実感し始める方が多いと思います。

そして、治療開始から二カ月以内には収まっている方が多いです。

遅い場合でも三カ月以内には収まっているでしょう。

それ以上続くなら他に抜け毛の原因があるのかもしれません。

通常の抜け毛は一日100本前後といわれています。

それが数倍になるのが初期脱毛の症状です。

抜け毛がそれだけ増えるとかなり怖いと思います。

それでも毛髪は10万本あります、それくらい抜けたとしても見た目の変化はほとんどないでしょう。

初期脱毛を乗り越えた先には発毛があると信じて乗り切っていきましょう。

これは副作用ではないのですから大丈夫です。

初期脱毛に対して出来ることは?信じることが大切


それでも初期脱毛が不安で仕方ない人もいるでしょう。

何か少しでも出来ることはないのでしょうか。

初期脱毛は発毛が原因で古い毛髪が抜けているだけなのです。

治療方法をさらに強くすると脱毛期間が短縮するかもしれません。

例えばプロペシア(フィナステリド)をザガーロ(デュタステリド)に変更するなどです。

ザガーロのみの治療を行っていたのならミノキシジルデュタステリドを加えてみてはどうでしょうか。

このやり方だと脱毛の量が増えるかもしれません。

でも脱毛期間が短くなれば不安な時期が短くなって安心できるでしょう。

すでに薬剤をフルコースで使用していたならどうでしょうか。

その場合はアミノ酸の補給メソセラピーという方法もあります。

メソセラピーは発毛のペースが非常に速くなりますので、初期脱毛の克服には有用です。

アミノ酸は毛髪の原料です。

ビタミンと共に上手に摂取すれば毛髪の生成を促すでしょう。

重要なのは初期脱毛はいつか過ぎ去っていくことだと信じることです。

どうしても不安な時期もあるかと思います。

その場合はクリニックの医師にご相談ください。

我々は多くの初期脱毛の患者さんを見てきています。

少しでも患者さんの不安を取り除くことができればと思っています。

駅前AGAクリニックは治療過程の患者さんの不安感にも真摯に向き合って治療を提供できればと思っております。

全国に4院ありますが、どこのクリニックでも患者さんの声をしっかり聞くように心がけています。

東京の新宿、大阪の梅田、京都の烏丸、岡山の近郊の患者さんはお近くですので是非ご来院ください。

遠隔診療にも対応できますので遠方の患者さんも是非お問い合わせください。

駅前AGAクリニック 東京新宿院(新宿AGAクリニック)

新宿駅より徒歩4分
西新宿駅より徒歩1分
東京都新宿区西新宿7丁目20-2 愛美堂ビル7階

駅前AGAクリニック 大阪梅田院

阪急梅田駅より徒歩3分
御堂筋線梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅より徒歩6分
阪神梅田駅より徒歩6分
東梅田駅より徒歩6分
地下鉄谷町線中崎町駅より徒歩5分
大阪府大阪市北区角田町1-17 サイドトリップ11 3階

駅前AGAクリニック 京都烏丸院

阪急烏丸駅より徒歩3分
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩4分
京都府京都市中京区手洗水町650 四条烏丸スタービル6階

駅前AGAクリニック 岡山院

岡山駅より徒歩4分
岡山県岡山市北区本町2-4 若林ビル2F