最も安くAGA・FAGAを治療するには?男性・女性それぞれの効果的な治療方法を紹介!

薄毛の治療には色々な方法があります。

では何が一番安くて効果的なのでしょうか。

今回は5,000円前後の治療費を目指してみましょう。

いつものように駅前AGAクリニックの医師が全力で解説します。

当クリニックは患者さんに合わせた無駄のないオーダーメイド治療が行える毛髪専門のクリニックです。

費用を安く抑えたい患者さんのご希望にも対応しております。

ご希望の治療内容についてはご予算も含めて、ご遠慮せずに医師やカウンセラーに申し出て下さい。

— 目次 —

AGA・FAGAの治療とは?

AGAの治療には大きく2つの方法があります。

  • 抜け毛を減らす治療
  • 発毛させる治療
  • 最も安い治療ではこのどちらかのタイプの薬剤から1剤を選ぶことになるかと思います。

    抜け毛を減らす治療薬はフィナステリドとデュタステリド、スピロノラクトンになり、発毛させる治療薬ではミノキシジルを使用します。

    治療薬 費用(税抜)/月
    フィナステリド(ジェネリック医薬品) 4,200円
    初月費用1,800円
    デュタステリド 7,500円
    スピロノラクトン 5,000円
    ミノタブ2.5mg 5,000円
    ミノキシジル5%外用薬 7,000円

    抜け毛を減らす治療について

    AGAを治療するにあたり重要なのは抜け毛を減らす治療になります。

    つまり最も安く治療するにはフィナステリドとデュタステリドスピロノラクトンといった抜け毛を減らす治療薬を使用することになります。

    男性はフィナステリドかデュタステリドを選択、女性はスピロノラクトンを使用するのが一般的になりなす。

    AGA(男性)を安く治療する方法

    先ほど説明したように抜け毛を減らす治療であるフィナステリドやデュタステリドという薬剤を使います。

    これは5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれるもので、ヘアサイクルを正常にしてAGAの進行を抑えます。

    そして、抜け毛を減らして毛量を増やして行くのです。

    安く抑えるならジェネリックがあるフィナステリドをおすすめします。

    デュタステリドと比べると効果は弱くなりますが、無治療の場合と比べると圧倒的に違います。

    フィナステリドの費用とは

    フィナステリドは同じ系統の薬剤のデュタステリドと比べて治療効果は弱いですが、価格は安く抑えることができます。

    初期のAGAであればフィナステリドだけでも治療効果を感じることができますが、重症のAGAの場合はこれだけでは発毛効果をしっかり感じることは出来ません。

    駅前AGAクリニックではジェネリック医薬品のフィナステリドは一カ月分で4,200円でご提供しております。

    一日一回決まった時間に内服しましょう。

    フィナステリドの効果とは

    ジヒドロテストステロン(DHT)によってヘアサイクルが短くなることでAGAは発症します。

    ジヒドロテストステロン(DHT)は頭皮にある5αリダクターゼという酵素によってテストステロンから生成されるのです。

    5αリダクターゼを阻害してDHTを減らす薬剤がフィナステリドです。

    しかし、フィナステリドはAGAの進行を止めることが出来ますが、一度進行してしまったAGAを元に戻すことはできません。

    AGAは進行すると毛母細胞に負荷をかけて毛母細胞を減少させるのです。

    毛母細胞は一度死ぬと生き返ることはありません。

    そのためAGAの治療は早ければ早いほど有利となります。

    POINT

    費用を抑えてAGA(男性)を治療するにはジェネリック医薬品のフィナステリド(4,200円)を利用する!

    FAGA(女性)を安く治療する方法

    女性の5人に1人が薄毛に悩まれていて、FAGAと呼ばれています。

    FAGAに効果的な薬剤は数種類あり、女性の薄毛の治療では数種類の薬剤を組み合わせるのが理想的です。

    今回は5,000円で治療できるスピロノラクトンについて紹介します。

    スピロノラクトンの費用とは?

    駅前AGAクリニックではスピロノラクトンは5,000円でご提供しております。

    AGA・FAGAの治療には上記のフィナステリドやデュタステリドといった5αリダクターゼ阻害薬が効果的です。

    しかし女性の場合副作用の影響で5αリダクターゼ阻害薬の使用が制限されてしまします。

    もし治療に関してお悩みの場合は専門のクリニックで治療をすることで安心してFAGAを治していくことができます。

    スピロノラクトンの効果とは

    スピロノラクトンは利尿薬として有名な薬剤ですが、FAGAの治療では利尿作用が出ない程度の少量を使用します。

    低用量スピロノラクトンには男性ホルモンの作用を抑える効果があります。

    女性の場合でも男性のAGAと同様ヘアサイクルが短くなることでFAGAは発症します。

    男性ホルモンにはヘアサイクルを短くする作用がありますので、低用量スピロノラクトンによってこれを正常化するのです。

    ヘアサイクルを正常化することで毛母細胞の負担を取り除きFAGAの進行を抑制します。

    少しでも薄毛が気になるのであれば、カウンセリングだけでも可能ですのでご来院頂ければと思います。

    発毛させる治療であるミノキシジルとは?

    ミノキシジルは毛母細胞を元気にすることで発毛させます。

    女性の場合はスピロノラクトンで効果が得られない場合、ミノキシジルをおすすめすることもあります。

    ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

    外用薬では一般的に1%、2%の製剤が女性用とされて販売されています。

    駅前AGAクリニックでは15%の超高濃度のものまで取り揃えております。

    また、内服薬はミノタブと呼ばれ外用薬より効果が強いため人気があります。

    安く治療を始めるのならば価格のわりに発毛効果が非常に強いミノタブが良いと思います。

    駅前AGAクリニックではミノタブは5,000円からご提供しております。

    投与量によってご料金も変わりますので、一度ご相談ください。

    ミノキシジルだけで治療はしないで!!

    ミノキシジルだけで治療することはおすすめしません。

    ミノキシジルは毛髪の根元にある毛細血管である毛乳頭の血流を良くします。

    これにより毛乳頭細胞が刺激を受けて毛髪を成長させる成長因子とよばれる情報伝達物質の分泌を促します。

    成長因子が毛母細胞を刺激して細胞分裂が起こり毛髪が生えて来るのです。

    しかし、ミノキシジルは発毛させるものの、ヘアサイクルを正常化させる作用は弱いのです。

    そのためAGAは徐々に進行してしまいます。

    AGAの治療では毛髪を作る毛母細胞の数が非常に重要です。

    いい状態を長く保つにはミノキシジルだけでは役不足のとため、抜け毛を減らす治療であるフィナステリドやスピロノラクトンを併用して治療を行いましょう。

    POINT

    ミノキシジルは発毛させる治療薬であるもののAGA・FAGAは進行してしまう!
    フィナステリドやスピロノラクトンと併用し治療を行うことでより高い治療効果が期待できる!

    まとめ

    理想的な治療としては発毛と抜け毛の減少とで働きの違う2つの薬剤を使用したいのです。

    しかし、5,000円という金額で治療を行うのであるなら、上記の薬剤からどちらかを選択することになるでしょう。

    当クリニックでは薬剤はシンプルに月単位でのご購入が可能です。

    他院にあるように処方を年間契約のみで行うという方法は取っておりません。

    薬剤はまとめて数か月分ご購入されても構いませんが、副作用がある場合もございます。

    最初は毎月ご来院頂いて調整するのがよいのではないでしょうか。

    カウンセリングは無料ですので、治療を始めなければご料金はかかりません。

    是非、一度ご相談だけでもいかがでしょうか。


    駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

    無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

    カウンセリングWEB予約(無料)