フィナステリドの効果や副作用を徹底解説!

フィナステリドは、厚生労働省によって認可されているによってその発毛効果が認められている、数少ない成分の1つです。では、フィナステリドにはどのような効果が期待されているのでしょう。

また、フィナステリドにはどんな副作用があるのでしょうか。正規のフィナステリド錠やジェネリック、海外製のフィナステリド錠の料金比較などと併せて紹介します。

— 目次 —

フィナステリドの効果とは

フィナステリドはデュタステリド、ミノキシジルと並んで、厚生労働省から発毛効果があると認可されている、数少ない成分の1つです。それでは、フィナステリドについて詳しく見ていきましょう。

フィナステリドが配合されている治療薬

フィナステリドが配合されている治療薬の代表的なものがプロペシアです。プロペシアは、男性に見られる薄毛の一種であるAGA(エージーエー)の治療薬としてよく知られています。

フィナステリドが効果を発揮するAGAとは?

フィナステリドは、AGAの改善に効果を発揮するということですが、そもそもAGAとは何なのでしょう。AGAについて簡単に紹介したいと思います。

AGA=男性型脱毛症のこと

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字をとったもので、翻訳すると男性ホルモンが原因となる脱毛症となります。日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAはその他の脱毛症とは異なり、徐々に進行するという特徴を持っています。そのため、AGAが疑われる場合には、早目に治療を開始することが重要となります。

AGAで抜け毛が増える理由

フィナステリドの効果について知るためには、AGAによってなぜ抜け毛が増えるのかを知っておく必要があります。

AGAのリスクを高める存在の1つが、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの一種です。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが強力化したもので、男性ホルモン受容器と結合し、抜け毛のリスクを高めることが分かっています。

テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化する際に、触媒として重要な働きをするのが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種です。

遺伝的に5αリダクターゼの働きが活発な人の場合、ジヒドロテストステロンの産生量が増えるため、AGAを発症するリスクが高くなるのです。

フィナステリドに期待される効果

フィナステリドには、5αリダクターゼの働きを妨害する効果が期待されています。それによってジヒドロテストステロンの産生を阻害し、抜け毛を予防することが可能となるのです。

POINT
  • フィナステリドを配合している代表的な治療薬がプロペシア
  • AGAは男性に見られる代表的な薄毛
  • フィナステリドには5αリダクターゼの働きを妨害する作用がある

フィナステリドの副作用はあるの?

フィナステリドに限った話ではありませんが、化学的に製造された医薬品や有効成分には、必ずと言ってよいほど副作用のリスクがあります。では、フィナステリドの副作用としては、どんなことがあげられているのでしょう。

主な副作用は男性機能の低下

フィナステリドの主な副作用は男性機能の低下です。フィナステリド錠を服用した人の中には、それほど頻度こそ高くないものの、性欲の減退や勃起機能不全を訴えられる方がいます。

重大な副作用として肝機能障害が追加

フィナステリドを配合した代表的なAGA治療薬がプロペシアだということでしたが、プロペシアの国内販売元であるMSD株式会社の発行する添付文書に、新たに肝機能障害のリスクが付け加えられました。

とはいうものの、プロペシアだけが肝機能障害を誘発するわけではありません。およそ化学的に製造された医薬品であれば、すべからく肝臓にダメージを与えるものです。

なぜなら、肝臓が人体における「解毒機関」だからです。そのため、副作用のリスクが高い医療用医薬品に関しては、医師の処方が必要となっているのです。

ポストフィナステリド症候群のリスクも

ポストフィナステリド症候群は、フィナステリド錠の服用をやめても副作用が続いたり、服用をやめてしばらく経ってから、副作用のような症状が出たりする現象をさします。

今のところ詳しい原因は分かっていませんが、男性ホルモンのバランスを保とうとすることから、このような現象が起こるのではないかと考えられています。現在のところ発症頻度は極めて低いようです。

POINT
  • フィナステリドの代表的な副作用は男性機能の低下
  • 発症頻度は不明ながら肝機能障害のリスクも
  • ポストフィナステリド症候群と呼ばれる現象が見られるケースもある

フィナステリドの種類と料金

AGAの治療や基本的に長期にわたるものであり、しかも健康保険が適用されません。そうなると気になるのがフィナステリド錠の料金だと思います。そこで、フィナステリド錠の種類と相場について紹介したいと思います。

正規のフィナステリド錠であるプロペシア

正規のフィナステリド錠であるプロペシアは、1ヶ月あたり(30錠)6,000円から7,000円程度で販売しているところが多いようです。

プロペシアのジェネリック医薬品

プロペシアは国内での特許期間を終えているため、各製薬会社からジェネリック医薬品(後発医薬品)が販売されています。相場は1ヶ月あたり4,200円程度です。

海外製のフィナステリド錠

海外製のフィナステリド錠としては、インドのシプラ社が販売しているフィンペシアが有名です。150錠入りで7000円程度と、正規品の5分の1程度の価格で購入できます。

POINT
  • 正規品のプロペシアの料金相場は1ヶ月あたり6,000円程度
  • プロペシアのジェネリックは4,200円程度で購入可能
  • 海外製のフィナステリド錠は1錠あたり50円程度で購入できるものも

駅前AGAクリニックの料金体系を見る

フィナステリドを服用する際の注意点

フィナステリド錠には飲み合わせなどがなく、比較的気軽に服用できる治療薬となっていますが、それでも服用にあたってはいくつかの注意点があります。

必ず医師の指導下で服用すること

先述したようにフィナステリド錠は医療用医薬品であるため、副作用のリスクがともないます。そのため、フィナステリド錠は医師の指導下で服用することが重要です。

海外製の安価なフィナステリド錠を服用している人もいますが、仮に副作用が出た場合に、国からの救済措置を受けられなくなります。

病院やクリニックでの治療費や検査費には「安心料」も含まれていると考え、医師の診察を受けたうえで治療薬を処方してもらうようにしましょう。

少なくとも半年間は服用を継続する

フィナステリド錠に限りませんが、AGA治療薬は髪の毛を生えさせる魔法の薬ではありませ。頭皮環境を改善したり、血行促進したりして、少しずつ髪の毛の生える土壌を作り上げていくものです。

そのため、ある程度の期間は服用を継続することが重要です。「昨日飲んだら今日生えた」という性質のものではありませんので、少なくとも半年間は継続して服用するよう心がけましょう。

毎日決まった時間に服用することを心掛ける

プロペシアのようなフィナステリド錠は、食前に飲むべきだとか食後に飲むべきなどといった決まりごとがなく、1日に1錠服用すればいつでも構いません。

ただ、1日に1錠で構わないからこそ、飲み忘れは避けたいところです。そのため、晩御飯の後に服用するとか、昼ご飯の後に服用するなどと決めておくことをおすすめします。

POINT
  • フィナステリド錠は医師の指導下で服用すること
  • フィナステリド錠は半年以上継続して服用するのがおすすめ
  • 毎日決まった時間にフィナステリド錠を服用すること

まとめ

プロペシアを代表とするフィナステリド錠には、5αリダクターゼの働きを妨害することによって抜け毛のリスクを高めるジヒドロテストステロンの産生を抑止します。

そのため、どちらかというと現状維持目的で用いられるケースが多いようです。ただし、フィナステリド錠のような医療用医薬品を服用する際には、医師の診察を受けることが重要です。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)