豆乳で薄毛は改善できる?イソフラボンの作用や働き・効果を解説!


男性にとっても女性にとっても薄毛はとてもデリケートな問題です。そんな薄毛を改善するのに、豆乳が効果的という説を見かけることがあります。

はたして豆乳を摂取することで、薄毛を改善することは可能なのでしょうか。今回の記事では、豆乳が薄毛の改善に効果的とされる理由、および薄毛の根本的な改善法について解説します。

— 目次 —

豆乳に含まれるイソフラボンとは?

薄毛を改善したり、抜け毛を予防したりする手段として投入の摂取が注目されているのは、豆乳にイソフラボンという栄養素が含まれているからだとされます。

イソフラボンとは

豆乳の原料となる大豆には、イソフラボンが含まれることで知られています。イソフラボンは、自然界に存在する有機化合物群であるフラボノイドの一種です。フラボノイドはポリフェノールの一種としても知られています。

ポリフェノールというと、カカオや赤ワインに含まれているようにイメージされがちですが、実際には、自然界に存在する多くの植物にポリフェノールが含まれています。イソフラボンには、大きく分けると次の2つのタイプがあります。

グリコシド型イソフラボン

グリコシド型イソフラボンは、比較的分子の大きなイソフラボンとして知られています。分子が大きなイソフラボンは体内へと吸収されないため、腸内細菌によって分解されることとなります。

アグリコン型イソフラボン

腸内細菌によって分解され、分子が小さくなったイソフラボンのことを、アグリコン型イソフラボンと呼んでいます。一般的に、体内へと吸収されるアグリコン型イソフラボンは、摂取量全体のおよそ20%とされています。

イソフラボンはどんな食品に多く含まれる?

イソフラボンというと大豆に含まれていることでよく知られていますが、キャベツやセロリ、ニンニク、ショウガなどにも多く含まれています。

その他にもゴマや玄米、全粒小麦、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類、トマト、ナス、ピーマン、ブロッコリーなど多くの食品にイソフラボンが含まれています。

POINT
  • イソフラボンは自然界に存在するポリフェノールの一種
  • 体内で吸収されるのはアグリコン型イソフラボン
  • イソフラボンは大豆やニンニク、ショウガ、キャベツなどに特に多く含まれている

豆乳が薄毛に効果があるとされる理由とは?

豆乳に含まれているイソフラボンには、薄毛の改善効果が期待できることから、多くの育毛剤やサプリメントに利用されています。では、なぜ薄毛の改善効果が期待できるとされているのでしょう。

男性ホルモンを抑制する働きがある

イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあることが分かってきています。男性にみられる薄毛の代表であるAGAは、男性ホルモンが活発かしすぎることが原因の1つとされています。

女性ホルモンの働きが活発になれば、相対的に男性ホルモンを抑制することが可能となります。その結果、頭皮環境を改善し、抜け毛の予防や薄毛の改善につなげることが期待できるということです。

抗酸化作用がある

イソフラボンに限ったことではありませんが、自然界に存在する植物が内包するポリフェノールには、抗酸化作用があることで知られています。

中でも、豆乳の原料となる大豆に含まれるサポニンには、高い抗酸化作用があるとされています。それによっていわゆるドロドロ血液をサラサラにして、頭皮へと送られる血液の流れをスムーズにすることが期待されています。

自律神経の働きを安定させる

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、自律神経の働きを安定させる作用があることで知られています。

大豆に含まれているイソフラボンには、エストロゲンに似た働きがあることから、摂取することで自律神経の働きを安定させることも期待されています。

POINT
  • イソフラボンには男性ホルモンを抑制する働きがある
  • ポリフェノールには抗酸化作用があることで知られている
  • イソフラボンには自律神経の働きを安定させる作用も期待されている

豆乳だけで薄毛は改善できる?

豆乳に含まれるイソフラボンには、髪の毛成長にとって有益なさまざまな効果があるということでしたが、はたして豆乳だけで薄毛を改善することは期待できるのでしょうか。

豆乳だけで薄毛の改善は困難

結論から申し上げるなら、豆乳だけで薄毛の改善をすることは困難です。なぜなら、薄毛の原因は実にさまざまだからです。

食習慣の乱れが原因のこともあれば、毎日使っているシャンプーが原因となるケースもあります。また、遺伝が原因のケースもあれば、ストレスが抜け毛の原因となっていることもあります。

そのため、大豆だけでなく、髪の毛によいとされるワカメや昆布をたくさん摂取したとしても、それだけで薄毛を改善することは難しいでしょう。

また、イソフラボンは体内で腸内細菌によって分解されるのですが、腸内細菌のバランスや働きは人によってさまざまです。そのため、たくさん大豆を摂取しても、体内に効率よく取り込めない可能性もあります。

薄毛を根本的に改善するなら専門のクリニックがおすすめ

薄毛を根本的に改善したいのであれば、専門のクリニックで相談することがおすすめです。なぜなら、薄毛の原因は1つではありませんし、人によって進行の程度や速度もさまざまだからです。

皮膚科や形成外科でも薄毛の治療をおこなっているところがありますが、薄毛専門のクリニックでは投薬治療以外にも、さまざまな治療法で薄毛の改善に取り組んでいます。

POINT
  • 豆乳は髪の毛を生えさせる魔法の飲み物ではない
  • 栄養素はバランスよく摂取することが重要
  • 薄毛を根本的に改善したいのであれば専門クリニックの受診がおすすめ

薄毛を根本から治療するなら駅前AGAクリニックに相談しよう

薄毛を根本的に改善したいのであれば専門のクリニックがおすすめということですが、駅前AGAクリニックでは以下のような治療、およびカウンセリングを行っています。

駅前AGAクリニックでの薄毛治療法

駅前AGAクリニックでは、600パターン以上に及ぶ治療薬の組み合わせを用意しており、1人1人に適した発毛プランを提案しています。

投薬治療以外にも、頭皮下に直接グロースファクター{髪の毛の成長に欠かせない成分}を注入するメソセラピーや、自毛植毛といった治療もおこなっています。

また、当院のポリシーとして、継続して通える価格という考え方があります。患者様としっかり話し合ったうえで、予算の中で最大限の発毛効果が得られるよう取り組んでいます。

無料カウンセリングも実施中

駅前AGAクリニックでは、カウンセリングを無料でおこなっています。また、カウンセリング当日に治療を開始される場合、血液検査も無料でおこなっております。

こちらから無理に治療をすすめることは決してありませんので、治療に対する不安や疑問がありましたら、ご納得いただけるまでなんでもお気軽にご相談ください。

POINT
  • 駅前AGAクリニックでは、600パターン以上の治療法を提供している
  • 継続して通える価格がクリニックのポリシーとなっている
  • 無料カウンセリングでなんでも気軽に相談できる

まとめ

豆乳の原料となる大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、美容や健康目的でサプリメントに配合されたり、育毛目的で育毛剤に配合されていたりします。

ただ、豆乳を毎日飲んでいたからといって、残念ながら目に見える発毛効果は期待できないでしょう。豆乳に限らず、食品によって薄毛を改善することは困難と考えられています。

そのため、薄毛を根本的に改善したいのであれば、薄毛治療専門のクリニックを受診することがおすすめです。

駅前AGAクリニックでも、その人の薄毛の原因を詳しく調べたうえで、1人1人に適した治療法を提案しています。

初月は1,800円から薄毛治療を始めることも可能となっておりますので、まずは無料カウンセリングでなんでもご相談ください。

監修者
大藪 顕
平成14年 大阪医科大学卒業
平成14年 大阪医科大学形成外科
平成16年 城山病院形成外科・美容外科
平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)
平成18年 大手美容外科形成外科部長
多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験
平成28年 新宿AGAクリニック院長
資格:日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本レーザー医学会認定医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)