髪の毛を増やす方法とは?増やし方を知って対策しよう!

抜け毛や薄毛が気になり始めた場合、抜け毛を予防する方法はもちろんのこと、髪の毛を増やす方法についても知りたくなるものです。

では、髪の毛を増やす方法としては、どのようなことがあげられているのでしょう。薄毛治療の必要性と併せてご紹介します。

— 目次 —

髪の毛を増やす方法にはどのようなものがある?

それでは早速ですが、髪の毛を増やす方法について見ていきたいと思います。薄毛は男性だけでなく、女性にとっても重大なお悩みなので、女性にとっても効果的な方法を併せてご紹介します。

クリニックでAGA・FAGA治療を行う

薄毛を改善するためには、抜け毛を予防するだけではなく、髪の毛を増やすことが重要となります。

そのためのもっとも効率がよい方法として、専門のクリニックでAGAやFAGAの治療を受けるということがあげられます。

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」を略したもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

AGAは男性にみられる薄毛の大半を占めると考えられています。

日本皮膚科学会が策定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」によると、AGAは思春期以降に発症し、徐々に進行するタイプの脱毛症と定義されています。

つまり、AGAの発症が確認された場合、何もせずに手をこまねいていると、薄毛が徐々にかつ確実に進行してしまうというわけです。

FAGAは「Female Androgenetic Alopecia」を略したもので、日本では女性型脱毛症と呼ばれています。

女性型脱毛症を発症した場合、男性のように局所がハゲあがるようなことはあまりなく、髪の毛全体のボリュームが減少したり、頭皮が透けて見えやすくなったりします。

AGAやFAGAに関しては、当院のような薄毛治療専門のクリニックで、治療が受けられる時代となっています。

育毛剤・発毛剤を使う

髪の毛を増やすためには、育毛剤や発毛剤を利用するのも1つの手です。

では、それぞれについて簡単にみていきましょう。

育毛剤

育毛剤はその名の通り髪の毛を育む(はぐくむ)目的で用いられます。

使ったからといって、どんどん髪の毛が生えてくるようなことはなく、どちらかというと、髪の毛を力強く成長させることが目的となっています。

そのため、ある程度進行してしまった薄毛に育毛剤を用いたとしても、焼け石に水となりかねません。

発毛剤

育毛剤と発毛剤は似ているようで全く異なるものです。

育毛剤の多くが化粧品や医薬部外品であるのに対し、発毛剤は医療用医薬品です。

日本ではフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルが厚生労働省によって認可されており、それらを配合した発毛剤を利用することで、髪の毛を増やすことが期待できます。

自毛植毛を行う

ある程度薄毛が進行してしまった場合、自毛植毛がおすすめのこともあります。

後頭部や側頭部など薄毛になりにくい場所の毛根を皮膚ごと切除し、薄毛が気になる場所に移植する方法です。

自毛植毛のメリットは、髪の毛が抜け落ちても、毛穴が生きていれば、また新たに髪の毛が生えてくる点です。

髪に良いシャンプーに変える

髪の毛を増やすためには、抜け毛の量を減らすことも重要です。その手段の1つとして、紙や頭皮に良いシャンプーに変えることがあげられます。

市販のシャンプーの中には、髪の毛や頭皮に有害な成分が含まれていることも少なくありません。

そのため、薬用シャンプーや育毛用シャンプーに変えることがおすすめです。

サプリメントを取り入れる

髪の毛を成長させるためには栄養素が必要となります。

特に髪の毛の成分であるアミノ酸や、髪の毛を作る際に必要となる亜鉛、血行を促進するためのビタミンなど、日常の食事で不足しがちな栄養素をサプリメントで補うことがおすすめです。

POINT
  • 確実に髪の毛を増やすなら専門のクリニックで治療を受けることがもっとも効果的
  • 育毛剤で抜け毛を予防し、発毛剤で発毛を促進する手もある
  • ある程度薄毛が進行してしまった場合、自毛植毛が効果的

AGAの場合は髪の毛を増やすだけでは解決しない

薄毛の中でも、男性にみられる代表的な薄毛であるAGAの場合、髪の毛を増やすだけでは問題の根本的な解決にはなりません。

なぜなら、AGAは進行型の脱毛症であり、抜け毛を予防する治療をおこなわないと、薄毛が確実に進行してしまうからです。

AGAによる抜け毛を引き起こすのが、サイトカインの一種であるTGF-βです。

TGF-βは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが、男性ホルモン受容器と結びつくことで生み出されます。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンがより強力になったものですが、その強力化の際に重大な働きをするのが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種です。

AGAの治療に用いられるプロペシアやザガーロといった治療薬には、5α-リダクターゼの働きを抑止する作用があるため、抜け毛を予防することが可能となっているのです。

POINT
  • 男性にみられる薄毛の代表例であるAGAの場合は髪の毛を増やすだけでは解決しない
  • 髪の毛を増やしつつ、抜け毛を減らしていくことが重要
  • プロペシアやザガーロといった治療薬を服用することで抜け毛の予防が可能となる

早めに治療を開始することで髪の毛を増やせる可能性が広がる

薄毛の中でも男性に多くみられるAGAを発症した場合、徐々にかつ確実に薄毛が進行してしまいます。

また、AGAの発症時期は思春期以降と、比較的早いことも分かっています。

そのため、AGAが疑われる場合、早めに治療を開始することが重要です。それによって、抜け毛を予防し、効果的に髪の毛を増やすことが期待できます。

POINT
  • AGAを発症すると徐々にかつ確実に薄毛が進行する
  • AGAの発症時期は思春期以降と早いことも特徴
  • 早期に治療を開始することで、効果的に髪の毛を増やすことが期待できる

髪の毛を増やすなら駅前AGAクリニックへ相談

効率よく髪の毛を増やしたいのであれば、駅前AGAクリニックにご相談頂くことをおすすめします。

なぜなら、当院では600パターンにも及ぶ治療薬の処方パターンから、1人1人に最適な組み合わせで治療薬を提供しているからです。

このオーダーメイド複合治療をおこなうことで、効率よく薄毛を改善することが期待できます。

また、当院では男性だけでなく、女性の薄毛も専門的に取り扱っています。

薄毛に関するお悩みは非常にデリケートなので、なかなか相談する方がいないケースもあると思います。

そんな方のために、当院では無料カウンセリングもおこなっております。

専門のカウンセラーが、皆様の薄毛に関する悩みや、治療法・治療費に関するご相談になんでもお答えしています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

POINT
  • 駅前AGAクリニックではオーダーメイド複合治療をおこなっている
  • 600パターンに及ぶ組み合わせの中から、1人1人に最適な治療薬の処方をおこなっている
  • 駅前AGAクリニックでは女性の薄毛治療や無料カウンセリングもおこなっている

まとめ

髪の毛を増やすためには、専門のクリニックで治療を受けることがもっとも効果的です。

その他にも、育毛剤や発毛剤を利用したり、自毛植毛をおこなったり、シャンプーを変えたりといったいろいろな方法があります。

ただ、薄毛の専門家ではない方にとって、どの方法がもっとも効果的なのか分からないこともあると思います。

そんな時には、駅前AGAクリニックの無料カウンセリングをぜひご利用ください。

当院では1人1人の薄毛の原因をはっきりさせ、その方に合った治療薬の組み合わせで、効率的に薄毛を改善していきます。

早期に治療を開始することで、さらに効率よく髪の毛を増やすことが期待できます。

監修者
大藪 顕
平成14年 大阪医科大学卒業
平成14年 大阪医科大学形成外科
平成16年 城山病院形成外科・美容外科
平成17年 大阪医科大学救急医療部(形成外科より出向)
平成18年 大手美容外科形成外科部長
多数の美容外科、形成外科で毛髪治療、植毛治療を経験
平成28年 新宿AGAクリニック院長
資格:日本美容外科学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本レーザー医学会認定医

駅前AGAクリニック【全国12院 東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院 など】

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)