薄毛の治療法や治療薬を教えて!費用はどれくらいかかるの?


薄毛に悩まされている男性はたくさんいらっしゃることと思いますが、最近は病院やクリニックで薄毛を治療できる時代となっています。

では、どのようにして薄毛を治療するのでしょう。

また、薄毛の治療薬にはどのような効果があり、副作用のリスクがあるのでしょう。

今回の記事では薄毛を治療する方法や、どれくらいの費用がかかるのかについて解説します。

— 目次 —

どんな薄毛が治療の対象になるの?

薄毛は病院やクリニックで治療できる時代になっていますが、では、具体的にどのような薄毛が治療対象となるのでしょう。

また、男性と女性でなりやすい薄毛の種類はあるのでしょうか。

男性に見られる代表的な薄毛

それでは最初に、男性によく見られるタイプの薄毛について見ていきたいと思います。

また、それぞれの原因や特徴についても簡単に紹介します。

男性の薄毛としてもっともよく知られるAGA

病院やクリニックで治療する、男性の薄毛の代表ともいえるのがAGAです。

AGAは英語の「Androgenetic Alopecia」の頭文字を取ったもので、日本では男性型脱毛症と呼ばれています。

男性に見られる薄毛のほとんどがAGAとも考えられており、病院やクリニックでも主にAGAを中心とした薄毛の治療に取り組んでいます。

AGAというと遺伝が原因となって起こると考えられがちなのですが、実際には精神的・身体的ストレスや生活習慣、食習慣、喫煙習慣など様々な原因が複雑に絡み合った結果として発症することがほとんどです。

皮脂の分泌量増加でリスクが増す脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、正確に言うと脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)にともなって抜け毛が増えるタイプの脱毛症です。

皮膚には無数の常在菌が棲みついていますが、その中にマラセチアという真菌の一種が存在しています。

マラセチアは皮脂をエサとしているため、皮脂の分泌量が過剰になると、マラセチアが大量に繁殖し、炎症性の皮膚疾患である脂漏性皮膚炎の発症リスクが高まります。

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌量が多い場所であればどこにでも起こりうるのですが、頭皮は特に皮脂の分泌量が多い場所であるため、脂漏性皮膚炎を発症するリスクも高いのです。

脂漏性皮膚炎を発症すると、頭皮に炎症を起こし、頭皮環境が悪化します。

その結果、髪の毛が育つ土壌が乱れてしまい、薄毛になるリスクが高まるのです。

女性に見られる代表的な薄毛

薄毛というと男性だけの問題だと考えられがちですが、女性の10人に1人が生涯何らかの薄毛に悩まされるというデータもあるそうです。

では、女性にはどのような薄毛が見られるのでしょう。

ホルモンバランスの変化にともなう女性型脱毛症

女性に多く見られる薄毛の代表ともいえるのが、女性型脱毛症(女性男性型脱毛症:FAGAとも)です。

女性の髪の毛が豊かで美しいのは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きによりますが、更年期に入ってエストロゲンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンの分泌量が増すこととなります。

その結果、いわゆる「女性らしさ」を保っていくことが難しくなります。

髪の毛は女性らしさの象徴ですが、エストロゲンの分泌量減少にともない、女性型脱毛症を発症するリスクが増すのです。

誤ったヘアケアが原因で起こる粃糠性脱毛症

女性に多い脱毛症としては、粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)もあげられます。

粃糠性脱毛症の原因としては、肌質に合っていないシャンプーや、ヘアカラー、パーマなどによる頭皮へのダメージがあげられます。

肌質に合わないシャンプーやヘアカラーなどによって頭皮環境が悪化すると、本来であれば剥がれ落ちるべき角質(フケ)が毛穴に詰まります。

その結果、毛包の状態が悪化し、抜け毛のリスクが増すのです。

男女ともに起こりうる脱毛症

男性と女性で特有の脱毛症があれば、男女ともに起こりうる脱毛症もあります。

その代表的なものを2つ紹介します。

原因がよく分かっていない円形脱毛症

円形脱毛症はいわゆる10円ハゲなどと言われる脱毛症で、男女だけでなく、年齢を問わずだれでも発症する可能性があります。

円形脱毛症というと、かつてはストレスが原因だと考えられていたのですが、最近では自己免疫疾患の一種だと考えられるようになっています。

ただ、詳しい原因はいまだによく分かっていません。

血行不良が原因で起こる牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、いつも同じ場所で髪の毛を結んでいたり、同じ場所で分けていたりすることでリスクが増す脱毛症です。

牽引という直接的な外力によって髪の毛が抜けるわけではなく、牽引された場所に起こる血行不良によって、髪の毛の成長が阻害されることが薄毛の原因となっています。

POINT
  • 男性にもっとも多い薄毛がAGA
  • 女性によく見られる薄毛が女性型脱毛症や粃糠性脱毛症
  • 円形脱毛症は男女や年齢を問わず発症リスクがある

薄毛の治療法を教えて!

薄毛は病院やクリニックで治療できるということですが、具体的にどのような方法で治療するのでしょうか。

抜け毛を抑制し発毛を促す治療薬

薄毛の治療は、治療薬を用いて行うのが一般的です。

発毛効果を厚生労働省から認可された成分としては、フィナステリドとデュタステリド、そしてミノキシジルの3種類があります。

原因に応じてそれらの有効成分を配合した治療薬が用いられます。

発毛効果の高いメソセラピー

薄毛の治療を専門としているクリニックでは、皮下に直接グロースファクター(髪の毛の成長因子)を注入する治療もおこなっています。

投薬治療だけおこなうより、高い発毛効果が期待できます。

投薬治療の効果が期待できない場合は自毛植毛も

薄毛の範囲がある程度広がってしまった場合、後頭部の毛穴を皮膚ごと採取し、気になる場所に移植する自毛植毛がおこなわれるケースもあります。

薄毛の治療にはどれくらい費用が掛かる?

薄毛の治療は原則として自由診療なので、治療費や薬価は病院やクリニックで独自に設定することが可能です。

一般的には月に1万円から治療を受けられるところが多いようですが、当院では現状維持目的の場合、初回1ヶ月につき1,800円(2回目以降は4,200円)で治療を受けて頂くことが可能です。

POINT
  • 薄毛の基本的な治療法や投薬治療
  • 専門のクリニックでは発毛効果が高いメソセラピーもおこなっている
  • 薄毛治療は自由診療なので病院やクリニックによって費用もいろいろ

薄毛の治療を専門のクリニックでおこなうメリット

薄毛の治療は病院でも専門のクリニックでも受けられますが、特に専門のクリニックで治療をおこなうことにはたくさんのメリットがあります。

薄毛の治療に特化している

薄毛治療専門のクリニックは、当たり前ですが薄毛の治療に特化しています。

仮に自分が便秘に悩んでいるとして、消化器内科と便秘外来のどちらを受診したいと思うでしょうか。

おそらく便秘の治療に特化している便秘外来を選択するのではないでしょうか。

薄毛に関しても同様で、薄毛治療に特化しているクリニックを受診するのがおすすめです。

副作用のリスクを踏まえたうえで治療をおこなえる

実は、薄毛の治療薬は通販や個人輸入で購入することも可能です。

ただ、医薬品には必ず副作用のリスクがありますし、自己判断で服用した場合、国の救済措置も受けられなくなります。

専門のクリニックには医師が常駐しているため、副作用のリスクについて十分理解したうえで、安全に治療薬を用いることが可能です。

日常生活のアドバイスも受けられる

薄毛治療専門のクリニックは、薄毛を改善することに特化しています。

そのため、クリニックでの治療だけでなく、日常生活のアドバイスもおこなうなどして、発毛をトータルでサポートしています。

POINT
  • 専門のクリニックは薄毛治療に特化している
  • 医師の指導下で治療をおこなうことで副作用のリスクを最小限に留められる
  • 専門のクリニックでは生活習慣などに関するアドバイスも受けられる

 

 

まとめ

薄毛は男性だけでなく、女性にとっても重大な悩みの1つです。

ただ、薄毛は病院やクリニックで治療できる時代になっているので、一人で悩まずに専門家に診てもらうことが重要です。

当院ではカウンセリングを無料でおこなっているので、何か心配なことがありましたらまずはご一報ください。

無理に治療を勧めることはありませんので、どうぞご安心ください。


駅前AGAクリニック【東京新宿院東京北千住院京都烏丸院大阪梅田院岡山院鹿児島院

無料相談・ご予約(受付時間11:00-20:00)0120-722-969

カウンセリングWEB予約(無料)